投資に興味を持ったけど、はじめてでどうしていいかわからない方。はじめて投資をやってみようと思っているなら、「つみたてNISA」がおすすめです。

はじめての投資なら、シンプルに「つみたてNISA」で

はじめての投資なら、シンプルに「つみたてNISA」で

「はじめての投資」のはじめのあるある

①投資をやってみたいけど、何をどうしていいのかわからない。←ココで止まる人

②本を読んだり、ネットで調べたりして、頭がイッパイ!←ココで止まる人

③証券会社へ資料請求。届いて満足。。。←ココで止まる人

④なんとか書類を書いて、無事に口座開設完了ー!←ココで止まる人

⑤どれに投資するか決められなくて・・。←ココで止まる人

⑥結局、何も投資せずに、そのままになってしまう。

⑦ある時、再び投資熱が生まれてきて、⑤に戻る。←ループしてる人

上記は、はじめて投資を考えた方によくある行動です。
私も、何かはじめてチャレンジするときは、上のような行動パターンになることもよくあります。で、最終的に下記の⑧のようになったりします。

⑧最終的に、やっとできるようになったら、「なんで、もっと早くはじめなかったんだろう・・」と思う。

投資に限らず、新しく何かはじめる時に、よくあることではないでしょうか。

投資のキホン

投資の基本は、「長期」「分散」「積立」です。

いろいろと知識がついてきたり、慣れてきたら、もっといろいろな方法にチャレンジしてもいいかもしれません。ただ、初心者で、かつ、無理せず始めたい方は、まずは、この3つの基本を元に進めていくのがシンプルです。

3つがそれぞれ、どれくらいのメリットがあるのかについての詳細な説明は、今回は載せていません。あくまでもシンプルに特徴を書いておきます。

長期投資

過去の結果をみると、数か月間だけであれば、大きなマイナスになることもあります。15~20年以上で見ていくと、元本割れ(マイナス)になる可能性がかなり低くなる傾向があります。

長期になればなるほど、「複利」の効果が高くなる。

分散投資

一つのものに投資するよりも、値動きが真逆になるようなものなどを複数投資することによって、価格の変動が小さくなり、リスクを軽減することが期待できます。

積立投資

毎月、少額からでもできる。一定の金額分を買っていくことによって、長期でみると、平均的な購入金額を安くすることができます。

なぜ「つみたてNISA」がおすすめなのか?

「つみたてNISA」は、この「長期」「分散」「積立」をしっかり押さえているからです。

・「長期」:期間は最長20年間
長期できるのが理想ですが、いつでもやめることができる。

・「分散」:分散投資に適した投資信託・ETFに限定
⇒対象商品は、金融庁が厳選。販売手数料は0円。運用管理費用も低水準など。

・「積立」:金融機関によっては、月100円から可能。毎年40万円まで。
⇒決まったタイミングで自動的に積み立ててくれるので、手間がかからない。

・運用利益が非課税
⇒最終的に売却して得た利益には税金がかかりません。

「つみたてNISA」で、投資のキホンに忠実に、少額から長期でコツコツと分散投資をしてみませんか。

 

 

《編集後記》
明日は、小学校の始業式の予定でしたが、
学校から今日連絡がありました。
8日~19日まで臨時休校です。
明日は、新しい教科書など受け取りにいくだけとのこと。
愛知県は今日決まったみたいなので、
先生たちが大変そうです・・。