保険を見直すことが当たり前になってきていますが、プロはそんなに見直すことはありません。どうしてなのか、説明します。

なぜ見直さないのか?

なぜなら、ライフプランをしっかりと作って、必要な大きさ(保障)だけを、必要な長さ(保障期間)だけ、加入しているから。

最初に作ったライフプランが変わることは、もちろんあります。
ただし、ライフプランの大きな変更がない限り、ほとんど触ることはありません。

一度加入した保険を解約して、入り直すことが、一番もったいないんです。

そうならないために、必要最小限で加入していて、途中、もっと保障が必要になったときは、加入している保険はそのままで、足りない分・足りない期間だけ、新しく別で加入する。

または、保障をそんなにも必要なくなったときは、加入している保険の、保障を小さくしたり、期間を短くしたりするだけです。

※保険商品や契約によっては、減額できない場合もあります。

見直す時の注意点

保険を見直すときに、よくある例です。

・見直さなくてもいい保険を見直してしまう。

保障内容も期間もバッチリなのに、新しい保険の方がよく見えて、見直してしまう。

・見直す前の保険の方が、実は良かった。

長い低金利の時代、昔の保険の方が、いいものが多かった。そのいい保険(お宝保険)を、見直してしまっていること、本当に多いです。
(※長生きになっているので、一部、今の方が安くなるケースもあります。)

・わざわざ不要な保障をつけて、加入しなおしている。

スマホ加入時に、いろいろなオプションがついているのと似ているかも。
よくわからず保障をつけてしまっている。または、気づいていない。

・家族構成と生年月日しか言っていないのに、見直している。

同じような家族構成、年齢のファミリーが100組いたら、保険は100通りあると思っていただいても、大げさではありません。

まずは自分を知る

上記の注意点に共通することは、果たして、自分にとって、保険が必要なのかどうかを、まず知ることです。

ライフプランを作って、どれくらいの大きさがいるのか、どれくらいの期間いるのか、を確認してみてください。

今加入している保険が、いいものであれば、大切に置いておく。いらない部分があれば、一日でも早く解約する。

保険は、加入するときにしっかり考えて、あとは忘れてしまう。何かあったときに、ちゃんと加入しててよかったなぁ、と思えるような、保険の入り方が理想です。

 

《編集後記》
今日は、息子のスイミングが2週間ぶりに再開されました。
復帰していいものか考えるところがありますが、
息子は久しぶりに友達に会えて、嬉しかったようです。
なら、よしとしていいのかな。。。