保険に加入すること自体が目的になっていませんか?保険はあくまでも手段です。加入の注意点を見ていきましょう。

入口が既に違うかも

保険とは、「偶然の事故によるお金の不安に対処できるようにするため」のもの。

せっかく加入していたのに、保険金をもらえなかったり、足らなかったり・・。
思っていた以上にもらえたり・・。(←必要以上に加入してる可能性あり。)

保険はあくまでも手段であって、目的ではありません。

ただ、加入することが目的になってしまっていることがよくあります。
どうしてそうなってしまうのでしょうか。

保険加入のあるある

「〇〇保険に加入したいんですけど・・。」

ー「なんで○○保険に加入したいと思ったんですか?」

・親や配偶者に言われて・友人が加入してるので・金融機関ですすめられて・子供が生まれたので・就職したので・家を買ったので・そろそろいるかなと思って・なんとなく・・      etc.

きっかけとしては、ほとんどの方がこのような理由になると思います。

この後が問題・・。

ー「では、この△△保険会社の××という商品なんていかがですか?おススメですよ。」

「それでお願いします!」 ←ココ!

ちょっと展開が早いですが、まとめるとこんな感じです。

加入時の注意点

そもそもそんな簡単に決めて大丈夫でしょうか?

・そもそも保険に加入する必要があるのか?・保険の基本的なことを教えてもらえたか?・その保険で心配事をカバーできる?・保障額は足りてる?大き過ぎない?・期間は足りてる?長過ぎない?・保険じゃない方がいいかも。ちゃんと教えてもらえたか?

少し時間はかかるかもしれませんが、以下のように考えてみてください。

・ご自身のライフプランをしっかりと作る ↓・どういう時に保険が必要かを知る ↓・どれくらいの保証で、いつまでいるのかを知る ↓・必要な保障を、必要な期間だけ加入する ↓・定期的にライフプランを確認する ↓・必要であれば保障を見直す

保険は、月払いでみると、あまり大きな金額でない時もありますが、支払う総額は、結構大きなものになってきます。

もちろん、保険でしかできないこともありますので、何のために必要なのかを考えて、加入するか、しないかを検討してみてください。

 

《編集後記》
ブログを始めて1週間。
ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
まだまだ、まとまりのない文章でお恥ずかしいですが、
楽しんで書いていきますよ。