フリーランスとして独立開業するかどうか悩んでいる人へ。私がFPとして独立してからのメリットとデメリットをまとめてみました。

フリーランス・独立

※写真はイメージです。

独立してからのメリット

家族との時間が増えた

新型コロナの影響で自宅で仕事をする時間が長くなっていることもあると思いますが、確実に家族と一緒にいる時間が増えていますね。

独立前も、残業しないように仕事の効率化ははかっていたので、早く家に帰るようにしていました。でも、通勤時間もあったので、今と比べると全然違います。

10年ほど前は、全くの異業種でクリエイティブ関連の仕事をしていましたが、その時は、終電・徹夜の毎日で、徹夜明けの始発で家に帰り、シャワーを浴びて30分だけ寝て、また仕事に出かけるなんてことも・・。

こんな仕事のしかたをしていて、私を心配していた妻が体調を崩すことが多くなった経験があるので、今のように家族と一緒にいる時間が多いことは、とても幸せなことです。

やりたいことを思う存分できるようになった

会社組織にいる以上、あたり前ですが、会社の利益を考えて行動しなければなりません。

ただ、それが必ずしも、お客さまのためになるかというと、そうではないこともたまにあります。

あくまでも、お客さま本位で行動し続けてはいましたが、できることに限りがあるので独立を決意しました。

今は、商品を一切販売することはないので、お客さまのためだけに集中できることは、とても嬉しいですね。

独立してからのデメリット

最初は時間管理が難しい

何にどう時間を使うのかは、全て自分次第。これは考えようによっては、メリットではあるのですが、なんとなくで進めてしまうと、一日何も生み出さないということもありえます。

仕事の優先順位付けやタスク管理もしっかりとしておかないと、ただ時間が過ぎていくだけになってしまいます。一日寝てても怒られないですからね(さすがに家族に怒られますね)。

ここ数カ月は、学校も休みになって子どもが家にいるので、少しリズムが変わってしまいましたが、一緒にいれることを楽しみながらやっています。

一週間のやることを決めて、日ごとにどこまでできればいいのかを考えて進めています。

収入が不安定

これは独立当初はしょうがないとわかった上で、始めていますが、新型コロナもあり、少し不安になってしまいます。

ただ、個人だからこそ動きやすいので、オンライン化についてもあっという間に対応可能でした。自分次第ですぐに変化に対応できることはメリットでもあります。

独立する前の大前提

フリーランスとして独立することを悩んでいる方へ、そもそも独立する前の大前提として、家族の同意は必ず得ておいた方がいいです。

やっぱり一番近くにいる人に、応援してもらえているかどうかは、非常に重要です。

私も妻にはずっと話していたので、「さっさと独立したほうがいいよ」と言ってくれてました。7歳の息子にも、理解できるかどうかわからなかったですが、説明はしてあります。「うん、わかった!」と言ってましたが・・(笑)。

独立する前には悩みに悩みましたが、もっと早くに独立しててもよかったかな、と思えるようになっています。

人生一度きり。悔いのないように、楽しんで生きていきたいですね。

 

 

《編集後記》
動画を作っていますが、撮られることに慣れないですね。
何回聞いても、話している声がヘンです・・・(笑)